アルギニン

高血圧と遺伝

 

高血圧は遺伝的体質が非常に強く関係している病気です。
高血圧になりやすい体質、家系というものは事実存在しているのです。

 

例えば、高血圧の両親から生まれた子供の場合には高血圧を発症してしまう確立は50%にもなります。
そして父母の片方だけが高血圧である両親から生まれた子供の場合には高血圧を発症する確率というのは30%程度になります。

 

そして両方とも血圧が正常の両親から生まれた子供の高血圧を発症する確率は5%前後だといわれているんですよ。
このように、両親が高血圧か、それでもそうでないのかは影響してきます。

 

そうはいっても、高血圧を発症する確率というのは100%ではありません。
あくまでも高血圧を発症しやすい体質である、ということです。

 

つまり、両親が二人とも高血圧であっても、高血圧を発症する要因を普段の生活から排除することも可能なんですよ。
逆に両親が二人とも高血圧ではないとしても、塩分を摂り過ぎていたり、運動不足、肥満の場合には高血圧を発症してしまう可能性はもちろんあります。

 

高血圧と遺伝は関係していますが、あくまでも遺伝は一つの要素である、という程度ですのでよく覚えておくようにしてください。
そうすれば高血圧と上手に付き合うことができるはずです。

アルギニン