アルギニン

口唇ヘルペスにアルギニンはNG!

 

アルギニンで有名な効果だと、成長ホルモンの活性化だと思います。これによって、筋力を増強したり(筋トレの効果を倍増することもできるそうです)、身長を伸ばしたりできるそうですね。また、その他にも、血流改善や疲労回復など、様々な健康上の効果があるため、アルギニンはとりあえず摂取しておけば損は無いとのことでした。

 

ただ、そんなアルギニンでも、摂取しない方が良い時もあります。それは、口唇ヘルペスを始めとする、ヘルペスウィルスが原因の病気を発症している時です。なぜなら、アルギニンはヘルペスウィルスを活性化させてしまうからです。そのため、免疫が落ちている時にアルギニンを飲むのは、絶対止めておいた方が良いとのことでした。

 

健康維持や生活習慣病予防に良いアルギニンなのに、なんだかちょっと意外ですね。このことを知らなかったら私、多分口唇ヘルペスになった際に、栄養剤代わりにとアルギニンを摂取していたと思います。結局、どんな栄養素でも万能じゃないんですね。とりあえず、口唇ヘルペスを発症するとまでは行かなくても、疲労が蓄積するなどして免疫が落ちていると感じた時は、アルギニンのサプリメントや、アルギニンを含む食品を摂取するのは、控えることにします。

アルギニン